代表取締役 白輪地雄二

1976年12月生まれ、神奈川在住

コンピューターサイエンスの専門家が太陽光発電の設計から売電を経験。 再生可能エネルギーを目的とした事業を展開する。

工学院大学工学部建築学科・ニューヨーク工科大学コンピューターサイエンス学科にて これからの時代に必要な「便利なものを創り出す」ことを学ぶ。

高砂熱学工業株式会社では、蓄熱研究開発部でシステムシュミレーション開発、株式会社TSUTAYA ON LINEでは、インターネットのシステム開発、新時代への商品やサービスを創出。

2013年より、エネルギー分野でコンピューターサイエンスの専門性を生かした商品創りをするため、株式会社りょうしん電気グループに参画。

執行役員として、太陽光発電事業の社内外システム開発・販売営業設計を牽引。

その後取締役として、太陽光発電所設計・太陽光発電所売却営業・O&M事業を推進。

2019年7月、再生可能エネルギーに大きな可能性を抱き代表取締役社⾧に就任。